美容と化粧品の成分の関係とは?


脚気(かっけ)の症状は、主に手や足が麻痺したり脚の著しい浮腫などが典型で、症状が進行すると、最悪の事態では心不全も誘引する可能性があるということです。

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、3~4日きちんと服薬すれば、一般的に8割~9割の人の自覚症状は消えてなくなりますが、食道の粘膜の炎症自体が快癒したとは言い切れません。

肝臓を健やかな状態に維持し続けるためには、肝臓の毒素を無毒化する作用が低下しないようにする、要するに肝臓を老けさせない対策に地道に取り組むことが重要だと思われます。

ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が無くなった後に売られる、新薬とまったく同じ成分で経済的な自己負担を下げられる(薬の金額の高価ではない)後発医薬品そのものです。

アメリカやヨーロッパ各国においては、新しく開発された薬の特許が満了してから30日後には、市場の80%がジェネリック医薬品(Generic drug)に変更されるという薬品もある位、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は地球上で採用されているのです。

続きを読む “美容と化粧品の成分の関係とは?”

肌の老化現象をとめるには?


本来28日周期のターンオーバー(新陳代謝)が乱れてしまうと、様々な肌の老化現象やトラブルが起こります。
顔や首筋のしわ・濃くなるシミ・顔色の冴えないくすみ・目の下のくま・フェイスラインが下がるたるみ・ニキビ・乾燥など、言い始めればキリがないくらいです。

紫外線を浴びて作られてしまったシミを消すよりも、作られてしまわないように予め予防したり、お肌の奥で出番を待っているシミの補欠を予防する方が肝要だということを分かっている人はまだ多くありません。

爪の伸びる工程は木の年輪のように刻まれるという存在であるが故、その時に健康面で問題がないかどうかが爪に出やすく、髪の毛と等しく目で確認できて判断しやすいため健康のバロメーターとも呼ばれているようだ。

続きを読む “肌の老化現象をとめるには?”